健康管理はどうやってるのか

健康管理はどうやってるのか

健康管理はどうやってるのか

現代においてパソコンを使うというのは日常になってきています。そんななか疲れ目で困っている人も多いんじゃないでしょうか?
私も日々8時間以上パソコンと向き合っているため、疲れ目の対策は毎日必須です。
そんななか私が実践している疲れ目対策についてご紹介致します。

 

【冷たいタオルで冷やす】
なんといってもこれが一番効きます。冷たいタオルを目の上に充てるだけ。
2~3分ほど冷やせば、グッと疲れ目が癒やされます。

 

【目薬をさす】
タオルが常時あるわけでもないし、用意が面倒!という方は目薬を使ってみましょう。
今ではコンタクトをしていても使用できる目薬が薬局に並んでいます。
一滴さすだけでもだいぶ目の疲労感は癒やされます。また眠気覚ましにも効果的ですね。

 

【ブルーライトを遮断する】
パソコンの疲れ目の原因はほとんどブルーライトです。ブルーライトとは、人間が見ることの出来る光の中でも非常にエネルギーが強い光です。この光を見続けていると目に疲労が溜まってしまうのです。ブルーライトを遮断する方法として、パソコン上で様々なサービスが出ています。パソコンの疲れ目を一気に解決したいという方は是非このブルーライトの遮断をオススメします。

 

さまざまな方法を紹介しましたが、最後のブルーライトの遮断は本当におすすめです。私もブルーライトを遮断してから疲れ目の症状がだいぶ癒やされました。

 

疲れ目で悩んでいる皆さんは是非、お試しください。

 

目の疲れが取れない

続きを読む≫ 2017/11/11 23:00:11

飲料水とか酵素ドリンク等液状のものオンリーを摂取し、短い間における食事なしによって、肉体の内部から美しくしてみるのが、ファスティングダイエットと呼ばれるダイエット方法です。スタイルに気をつけている著名人等が行っている事が判明して、好評になっているようです。ヨーグルト中にある乳酸菌の中で、特によく聞く物の一つにビフィズス菌が存在します。元々ヒトの身体に備わっている腸内細菌であり、腸のなかに溜められた必要ではない物等を、体の外部へ除却してくれるものです。ダイエットのためにできる限り採用したいもの。乳酸菌は内臓にとっていい事は一般知識として、広く理解されているでしょう。ヨーグルトに含有される乳酸菌の摂取を持続することにより消化不良さえも治り、脂肪燃焼をあげたり免疫力の増強にさえ繋がります。ヨーグルト製品は体重軽減に高い有用性のあるたべものと言えます。カラダが育つためのホルモンがたくさん生じる時間は、だいたい午前0時〜2時の深夜と言われています。トマトに含有されるものの中には、体の成長を促すホルモンを上昇するビタミンとミネラルなどの栄養源が多く存在しているため、真夜中にトマトを摂取するというような脂肪減量の実践法は、理論に合っています。夜間のトマトを食べる痩身術は、いろんな方法でトマトを頂いて全く構いません。生でもオッケーですし調理してもカンヅメでも、どのようなかたちでもOKです。また、重要となるのは正しいリズムの生活と、放りださないことです。食事の仕方をちょっとだけチェンジすることにより、細くなり易いカラダを自分のものにしてください。

 

痩せたいのに食べてしまう

続きを読む≫ 2017/08/09 23:19:09

ダイエットが続かないとかすぐにリバウンドしてしまうのは、空腹感を我慢しているからではないでしょうか。

 

カロリーを抑えることはダイエットには重要なことなので、それと同時に食事量は少なくなってしまいます。食事の量が少なくなったとしても満腹感をいかに得るかというポイントをクリアすれば、ダイエットも順調にいくのではないでしょうか。ダイエットをしなくなるのは、キツイ空腹感を我慢する必要があるからです。

 

もっと食べたい欲求をなくすためには、どうして少ない食事量でも満腹感を得るかということがポイントになってきます。

 

一時的に空腹に打ち勝ってダイエットに成功しても、その反発から食べたい気持ちが強くなりリバウンドにつながってしまいます。

 

では満腹感を得るためにどうすればよいかです。
まずは少ない食事量でも食物繊維をたくさん摂取することで満腹感を得ることができます。
また、チアシードやサイリウムという食物繊維が豊富なスーパーフードを摂るのも良いのではないでしょうか。チアシードはダイエットの時にも摂りたい必須脂肪酸のリノレン酸や食物繊維が豊富で、いろいろな食べ物や飲み物に加えるだけの簡単さです。チアシードやサイリウム、グルコマンナンなどは、お腹の中で膨らんでいくので満腹感を得ることができるわけです。ダイエット時の空腹感を解消してくれる強い味方です。

続きを読む≫ 2017/01/13 23:27:13

私は仕事をしながらサッカーに取り組む毎日を過ごしています。どうしても仕事をしながらサッカーをすることは、ものすごく体力的にも年齢的にもキツいものがあります。また歳を重ねるごとに怪我が増えたり、疲労が蓄積されて肩こり、腰痛なども起きてしまいます。そんな時私が日々行っている、疲労回復または怪我予防は、まず栄養価の高い食材をバランス良く食べる事です。ごはん、納豆、生野菜、フルーツ、肉を必ず毎日毎晩摂取しているようにしています。以前まで、食生活はあまり意識せず生活していましたが、この食生活を繰り返すことにより、次の日起きた時は、以前と違い体の回復も早くなりすっきり起きれるようになりました。また友人から疲労回復に効くヨガ教室にも時間があるときに通い、日々体をストレッチし乳酸を取り除いています。そのあとにしっかりお風呂に浸かることで、体がものすごく軽くなり、日々大変ですが大変な中でも集中して取り組めることができています。サッカーが終わった後は、できる限り100%のオレンジジュースを飲んでいます。こうした生活習慣を変える事で、自分の体にも変化が起こることを実感することができました。これからも継続していきたいです。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:46:09

(発症)
半年前のある日のことです。朝起きたときに激痛が走り、痛みのため立つことも歩くのもままならない
状態になりました。とにかくこの時の痛みは、泣いてもいいぐらいの痛みでした。
その日は平日だったのですが、出勤できないと判断して、会社には体調不良と伝えて休むことにしました。

 

(医師)
痛みが出たその日のうちに病院に行って診察を受けました。上記の症状と
尿酸値が8.1mg/dlと基準値より多いという結果から医者に痛風と診断されました。
ここで自分が初めて痛風にかかったことを知りました。

 

(治療)
医者からの助言をもとに、痛風の治療のためにの生活習慣の改善をすることにした。
その内容は以下のものです。
・毎晩、ビールや焼酎を2本以上飲んでいましたが、それを週に1本に我慢するようにしました。
・摂取カロリーが多かったので、昼食や夕食になるべく野菜をとるようにして、肉を食べるにしても
 脂っぽいバラ肉ではなく、赤身の多いモモやひれ肉を食べるようにしました。

 

(結果)
痛みは三日間に続きましたが、四日目以降から痛みが無くなるようになりました。
その後は生活習慣の改善を行っていることもあり、半年が経過しましたが、
痛風の症状は表れていません。また、生活習慣を改善したため体重が5キロほど減りました。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:46:09

運動はあらゆる効果をもたらしてくれます。
体を動かすことで血液やリンパの流れをよくするだけではなく、心も前向きにしてくれるのです。
私が健康を意識するようになったのは、自治体の健康診断の結果が悪かったからです。
見た目は太っているわけでもなくどちらかというと細身であるにもかかわらず、内臓脂肪が多いのか血液の値が正常値をオーバーしているものがいくつかありました。
そこで、健康診断の結果が送られてきたり、ダンスDVDをやったり、筋トレやストレッチ、ヨガなどでもいいのです。
とにかく30分続けてやればどんな運動でもいいことにしました。
はじめのうちではそれでも、「今日は面倒だけら明日まとめてやろうかな」という気持ちも沸いてきましたが、一か月ほど頑張って続けてみたところ、毎日何かしらの運動をしないと気持ちが悪くなってきたのです。
これは、少しづつでも続けることで運動する習慣が身についたのだと思います。
最近では30分という時間が少し物足りなくなってきて、一時間に時間を延ばして毎日運動をしています。
運動する前に感じていた腰痛や肩こりなど症状も、血行が良くなったことですっかりなくなり元気な毎日を過ごすことができています。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:45:09

普段から運動不足が気になっていたことと、以前健康診断でコレステロールや中性脂肪が高かったので健康を意識するようになりました。
まず、よく歩くようにしました。今までエレベーターやエスカレーターを使っていたところを階段を使うようにし、近場でも車で行っていた場所へは歩いて行くように変えました。万歩計をつけて毎日の歩数がわかるようにしたところ、今日はこれだけしか歩いてなかったのかぁ・・・明日は1万歩を目指そう!などど目標や反省がわかりやすく見えるので、楽しく実行できました。
そして食生活も少しずつ変化させました。「まごわやさしい」というバランスのよい食生活の覚え方を参考にし、豆(大豆製品)、ゴマ、わかめ(海藻)、野菜、魚、しいたけ(きのこ類)、芋類を積極的にとるようにしました。どれも普段忘れがちな食材ばかりで、急に毎日実行しようと思うとストレスになるので自分にあった方法で少しずつ取り入れるようにしました。野菜たっぷりの味噌汁を毎日食べるようにし、パンやパスタを選ぶところを和食に変えたり、普段は肉が多かったですが、魚を週の半分は食べるようにしました。
便秘気味だったのが、だんだん改善していき、そして今年の健康診断ではコレステロールや中性脂肪も数値が下がっていました。

続きを読む≫ 2016/11/09 10:44:09

ホーム RSS購読 サイトマップ